無縁墓の調査の依頼の風景

おはようございます。今朝は、雲も殆どないほどの快晴です。

今朝は、久々に長距離のウォーキング出かけました。肌に当たる空気も春に日々に近づいてきています。感謝です。

今日の那覇市の天気は最高気温18℃最低気温15℃降雨率10%です。

★現在、みくにのお墓の会社では、一般にお客様のお問い合わせからお墓の相談もさせて頂いております。また別の業務として沖縄各地から墓地の地主様より①無縁墓の調査のご依頼と②それに伴う撤去のご相談も頂き、現在も大型の墓地の調査をさせて頂いています。

1基1基現状を調査して登記されているか無登記から、有縁墓か無縁墓等を地道に調査してご依頼者に資料に克明に調査書を作成させて頂いております。(大型墓地の場合は1年~2年位調査に要する場所もあります。)

楚辺①

調査の中で推測ですが、戦後間もなく建立されたと思われお墓もあります。長年の間に土砂が崩落してお墓が半分以上埋没しています。

無縁③恐らく何十年もお盆などにもお線香を手向ける訪問者もなく調査している私達も心を締め付けれる調査でもあります。位置にも早く故人の遺骨を別の場所に移動して弔いたいと思います。

無縁④日本・沖縄に於いても核家族化や少子高齢化が進みお墓を受け継ぐ家族がなくお墓が放置されて毎年のお盆等に訪れて草刈等をして愛する先祖・両親等を弔う家族が年々減少しています。特に大都市の中心部で起こっています。沖縄では那覇市等でも顕著に表れてきています。今後もさらにお墓の無縁化が加速するといわれています。それらの時代の中で微力ですが無縁墓の調査・移動等をしてお役に立てれば至福の喜びです。