心のビタミン「世界のベストセラー・バイブルから学ぶ」

おはようございます。2018年度2度目の日曜日を迎える事が出来ました。

今週は寒冷前線の影響で寒く中で年始回り・お墓の本格的な工事開始などで大変に忙しくあっという間に1週間が過ぎ去りました。

振り返ってみて、愛する家族・職場の仲間・友人達が健康を守られて過ごす事が出来て本当に感謝でした。

昨日も大切なみくにのお客様のお墓の墓閉まい・お墓のお祝いも天気に恵まれて無事に終える事ができました。

チーム・みくにの関係者に方々のご尽力のお陰です。本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。

糸満市の今日に天気は最高気温17℃最低気温13℃降雨率0%です。

今朝の心のビタミン「世界のベストセラー・バイブルから学ぶ」のテーマは、

「一度飲んだら、二度と渇くことことのない命の水」について

そこでイエスは、深い真理を語られた。「だれでも渇きをとどめようとして、水を飲みます。しかしこのような水は、一度飲んでも、また渇いてしまいます。]

しかし私が与える水は、一度飲んだらもう決して渇く事のない心の水です。

それを心で受け入れた人は、その人の心の中で泉となって永遠の泉がわき出ます。」     ヨハネの福音書4章13~14節 現代語訳より

私達の肉体の機能は、多くの精神・霊的機能によって影響を受けると医学的にも証明されています。体・肉体が飢え渇くように私達の精神(たましい)も飢え渇くとバイブルでは教えていますしばしば私たちは、仕事などの対人関係などで心が傷つき・自分の心が飢え渇いているという⇒心からシグナルを送られている事を知りながらも現実逃避行動1つとしてアルコールやギャンブルに逃避します。

※渇望居酒屋に行かなくても、お酒の臭いや特定の場所や音楽等で条件的に飲んでしまう事。渇望は、①食欲②睡眠欲③性欲・といった人間の三大欲求より強いので制御する事が難しいといわれているそうです。

「健康沖縄21」の沖縄県が推進するHPによると全国的には若者のお酒離れが進んでいる中で沖縄県では、若年層における肝疾患(肝臓の病気)の死亡はワースト1との事です。全国的には、毎年平均数値が下がっている中で沖縄の男性の数値は上がり続けているそうですまた沖縄県は15年連続飲酒運転検挙率ワースト1で飲酒運転の再犯検挙者も全国の3倍との事です。アルコール依存症によって肝機能・心身の破壊に留まらず、大切な家庭を破壊する恐れがあります。      

            ↓↓↓

きょうの聖書の言葉からの学びから「生ける神の言葉で聖書には私達の飢え渇いた心・魂を満たすことが出来る」と約束しています。書斎の大きな窓からポカポカと太陽の暖かい光が差し込んできています。

平和で穏やかな時間が流れています。

今日の日曜日が、心身ともに充電して楽しい一日になりますように祈ります。