ジブン時間「ラストレシピ」鑑賞

おはようございます。今朝も快晴に恵まれました。

朝夕は冷え込んできました今朝は太陽さんがさんさんと輝いています。

感謝の一日のスタートです。

昨日は、みくにのお墓の4箇所回り雑草の除草作業をで一日があっという間に終りました。程よい疲れで気持ち良い一日でした。

お陰様で健康に感謝しながら床に着き熟睡しました。

糸満市に今日の最高気温19℃最低気温17℃降雨率0%です。

週末時間をやりくりしで映画「ラストレシピ」を鑑賞してきました。

物語は1930年代と2000年がスクロールしながら繰り広げ展開して行きました。「おくりびと」の滝田洋二朗関東と「母と暮らせば」等の二宮和也が初となりタッグを組んだ幻レシピを追い求め男を描く感動の話題の映画です。

「麒麟の舌」と呼ばれる究極の味覚を持つ天才料理人⇒彼の職業のテーマは

「人生最後に食べたい料理を再現できる天才的人物です。

ある時中国の伝説の料理人・楊清明から特命で「大日本帝国食菜全席」を再現していてほしいと依頼されます・

「大日本帝国菜食全席」とは、1930年当時の宮廷料理人であった山形直太郎が完成させて伝説のレシピーでした。しかし戦争を経て、このレシピーの存在は、闇に葬られていました。

伝説のレシピー「大日本帝国食菜全席」の一部の映像が食欲をそそりました。

彩りが綺麗で観ていてもうっとりする位に芸術の域の作品でした

★私自身は、映画の原作の存在も知らず映画を鑑賞させて頂きました。

これほどまでにレシピーが大切で重要である事にも感動しました。

「麒麟の舌」という日本語も恥ずかしい話ですが、日本語の意味も初めて知り・感動の時ジブン間を過ごさせて頂きました。

ご縁ある方々にとりましても健やかで充実した一日になりますように!