みくにの田場の園(うるま市)開眼法要の報告①

おはようございます。今朝も新しい1週間がスタートしました。

昨日の月曜日が祝日の為に何故か火曜日ですが、感覚的には月曜日の気持ちです。昨日もみくにお客様とのご対応で沖縄本島を縦断するような多忙の時間を過ごす事が出来ました。

午前中は、やんばる(北部)まで久々に仕事で出掛けました。

☆しっかりとドライブ気分で好きな音楽のCDを愛車で聴きながらドライブしながらお仕事させて頂きました。

糸満市の今日の天気は最高気温31℃降雨率0%です。

今日は、去った10月7日(土)にみくにの田場の園で行われたお墓のお祝い・開眼法要に様子をご報告させて頂きます。

今回は、今年の春には、完成しお引渡しましたお客様の開眼法要が行われました。

総勢20名弱のご家族・親戚で盛大に行われました。

ひと言に開眼法要といいましても、お客様の様々の信じている①宗教・宗派・また②地域の様々な習慣・③昔からの慣わし等が地域には残っています。みくにのスタッフは、お客様のサポート役として縁の下の力持ちでお手伝いさせて頂きます。

みくにのお墓の大切なお客様の大切なお骨をちゃんと供養して納める事で、一旦お墓のお仕事が終了致します。

☆お客様から①お墓のの建立の相談があり→②懇切丁寧にご説明して納得してもらい→③ご契約頂き→④お墓の建立の申請を各自治体で行い⑤ご許可を頂き⑥お墓の建設・完成⑦お客様の開眼法要を無事に終えて一区切りというプロセスがあります。

毎回、開眼法要のセレモニーのお手伝いさせて頂いて、一番緊張する時間でもあります。でも終えてお片付けをしてほっとする至福の時間は形容できない程の喜びがあります。

本当にこのようなお仕事に携わる事が出来る事は最高の幸福です。!