大規模墓地・移転に伴う伐採作業風景①

おはようございます。今朝は、少し筋肉痛にも関わらず爆睡して健康に目覚める事ができました。感謝します。

今朝は昨日とは異なり天気が少しにわか雨が降る中をウォーキングに早朝から出来かけて戻りました。昨日の72年目の終戦記念日も平和の尊さを噛みしめが終える終える事ができました。

夕方から、終戦・戦後復興に関する映画も鑑賞する事ができました。感謝です。後日その映画の事は書かせて頂きます。

那覇市の今日の天気は最高気温34℃最低気温28℃降雨率20%です。

今日は、現在ある約3000㎡の墓地を市街移転の為の測量調査の為の伐採作業の報告を書かせて頂きます。

大型チェンソーを駆使して実測測量に邪魔に障害になる大木を暑い中を5人の男達で伐採させて頂きました。 ↓↓↓

足場が悪い劣悪の環境と、猛暑で作業は中々困難を極めて一進一退の攻防をしました。日頃、使わない腕等が鍛えられていない部位が大変に疲労を生みました。↓↓↓酷暑の中で水分補給は欠かせないので2個の水ボトルを用意しました。

この作業は、正式に土地の地主様方・弁護士の先生の同意の委任状をみくにのお墓が頂きの大型の作業です。

※植物・樹木の方々からすれば、いくら地主の許可を得たとはいえ「木の伐採により生命を絶たれて悲惨の日」になったかもしれません。合掌

午前9時に伐採作業を始めてお昼の休憩でクールダウンをして予定としては、午後5時までの作業計画でした。私を含めて50歳代の男達は、既に3時過ぎの時点でダウン寸前でした。 最長老の特権と権限をフルに使わせて頂きその日の作業は、4時前に作業終了としました。40代の男性の過酷の伐採作業を終えての記念撮影でこの笑顔です。悔しですが。トホホ

★この頃負ける勇気・撤収・撤退する決断」が出来るようにやっとなれた今日この頃です。!若さに乾杯 老いにお疲れ様の貴重な一日でした

来週またこの続きは、作業をさせて頂きます。今日の一日暑さに気をつけてお仕事頑張って下さい。