門中墓・改築の現場打ちあわせ風景

おはようございます。今朝も昨日の疲れも取れて元気に目覚めを与えれました。

熟睡できた事と目覚めも最高で健康である事にまず感謝です。

8月度も3週目に突入しました。新しい1週間がスタートしました。

那覇市の今日の天気は最高気温34℃最低気温25℃降雨率20%です。

今朝は、昨日の八重瀬町でのある門中一門もお墓の改築工事の打ちあわせの様子を書かせて頂きます。

門中の関係者が10名余り集まり改築工事の説明を写真を入れたお見積り書をいれて説明会を始めさせて頂きました。

核家族に波は、本土だけでなく愛する沖縄にも押し寄せてきています。その中で先祖代々から門中一族のお墓を改築して子々孫々残していくという事は、沖縄の大切な財産を1つだと思います。

門中墓の屋根の上にも登り亀裂箇所・亀裂レベルを関係者の肉眼で確認してもらいます。修繕するお見積りの根拠となる大切な工程で(お客様・みくにのお墓)にとりましても重要な作業です。

沖縄の門中について(方言ではムンチュー)沖縄県における、始祖を同じくする父系の血縁集団の事である。門中は17世紀後半以降、士族の家譜編纂を機に出来ました。

門中の豆知識

※日本最大の門中の墓といわれている「幸地腹(こうちばら)門中のお墓」糸満市当門中の一族は、平成24年現在3436名(門中名簿登録者)を擁しており、一族ほぼ全員の共同墓となっています。↓↓↓

★今週もみくにのお墓でも行事がが目白押しに控えています。

今朝も早朝からお仕事が入っています。感謝します。

健康に気をつけて楽しくチームワークを意識して(一期一会)の気持ちを忘れずにお仕事させて頂きます。