ジブン時間「トニーエルドマン」鑑賞

おはようございます。新しい1週間がスタートしました。

昨夜も爆睡で今朝も最高の目覚めです。感謝します。

今朝は、台風の影響は少し天気が曇り空で湿度が高いですね。

昨日は、本当に久し振りに日曜日を心身ともに充電する事が出来ました。

★午前中は家族と過ごし午後からは、夕方から那覇市の桜坂で映画鑑賞をさせて頂きました。2本の映画の梯子(はしご)をしました。(笑)3本目の誘惑の衝動にもかられましたがしっかりと2本だけ鑑賞して至福の時間を過ごしました。

那覇市の今日の天気は最高気温32℃最低気温29℃降雨率60%です。

映画のタイトルは「ありがとう、トニ・エルドマン」

久し振りのドイツ映画でした。悪ふざけの大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス・性格の正反対のふたりの関係はうまく行かずろくに話す事もない二人であった。しかし長年共に生きてきた愛犬の死をきっかけに状況が変わる。

仕事人間の一人娘のを心配して娘イネスの働くブカレストへ。突然の父親の訪問で驚きながらも数週間を共に過ごす日々で二人の関係に変化が・・・父親は、一度はドイツに帰国する。ホッとしたのも束の間で180度人格が別人になって娘イネスのもとに現れる。彼女の職場・パーティー会場等・愛娘がいる場所に神出鬼没に表れて、娘イネスはイライラしてまた父親と衝突が始まる

愛娘イネスが、人生の大切な時間を仕事人間として貴重な人生を楽しんでいない事に破天荒な父親が、何とか無謀な作戦で示唆を与えようと試みるが全て滑っていまう。

★久し振りのドイツ映画でまた少し長い映画でした。しかし親の子供想う気持ちは不変である事を改めて気づく事の出来る映画でした。本当に涙あり笑いありの映画でした。

今週も新しい1週間を日々を大切に感謝の気持ちを忘れずに歩ませて頂きます。